2009年12月09日

Bフレッツとフレッツ光ネクスト

インターネットの世界は日々進化を遂げていて、新しいサービスがたくさんでてきています。

光ファイバーに関してもそうです。


NTTは2001年8月1日「Bフレッツ」として光ファイバーを用いた通信サービスを本格的に開始しました。


その後従来の電話網がもつ信頼性・安定性を確保しながら、IPネットワークの柔軟性・経済性を備えた、次世代の情報通信ネットワークであるNGNを採用。

2008年3月末からは商用サービス提供を開始しました。サービス名は「フレッツ光ネクスト」


「Bフレッツ」から「フレッツ光ネクスト」へとサービスが変わってきています。


今までのBフレッツが選ばれていたポイントとしては


快適、豊富、充実、自由、安心


があります。


そのメリットに加えて、フレッツ光ネクストでは


将来性、高品質、信頼性、セキュリティ


が加わりました。



将来性に関しては、インターフェースをオープンにすることで、たくさんの新しいサービスを利用できるようにしています。

今後新サービスや価値創造に取り組んでいける訳です。



高品質に関しては、品質確保「QoS」機能により、安定した音声通話や高精細映像の配信をご提供しています。



信頼性に関しては、シンプルなネットワーク構成にすることで、高い信頼性のネットワークを実現しています。また、特定エリアに通信が集中した際のトラヒックコントロールや、災害時等における重要通信の確保などにも取り組んでいます。



そしてセキュリティに関しては、回線ごとに割り当てられた発信者IDのチェックにより、なりすましを防止したり、不正アクセスをブロックする機能を具備しています。こういったトラブルを、ネットワーク側で防止できるから安心なんです。




安心して、新しいサービスが楽しめるから、光が選ばれているんですね☆

*****************************
人気ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
*****************************


posted by 光源氏 at 10:50| Comment(0) | 光の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。